mgh_member

【TeamOn導入事例】ママグロースハッカーズ(MGH)様

複数人でスケジュールやタスクを共同し、共に管理・進行しているチームにお勧めしたいですー

MGHロゴ

ママグロースハッカーズ(以下、MGH)」とは、ママ目線で企業や製品、サービスなどのWebサイトのデザイン改善を短期間で行い、成長(グロースハック)を企てる、ママだけのグロースハッカー集団です。

誕生のキッカケは、デジタルハリウッドSTUDIO福岡(以下、デジハリ福岡)、リクルートジョブズKaizen
Platform
の3社が福岡市の応援をうけながら実施した、Web業界未経験のママを8か月でプロのグロースハッカーに育てる「ママ向けWebグロースハッカー養成講座」です。

Webサイト作成に関する知識やグロースハックの知識を学び、講座を卒業後、MGHに加わって仕事を続けています。

MGHでは、主にKaizen Platformさんからの企業サイトのデザイン改善案件、企業や団体からの依頼によるサイトのデザイン改善を行っています。

ママグロースハッカーズ (MGH)

  • 代表:高橋愛子/牧本玲子/佐野香織
  • 本社所在地:福岡県福岡市中央区天神1-7-11
  • URL:http://www.mgh.plus/

mgh_member

TeamOn導入することになったきかけを教えてください。

MGHでは、ママたちが場所や時間や子育てなどの制約に縛られることなく、子育てと仕事を両立しながら企業の成長に貢献できる働き方を創ろうとしているので、メンバーが頻繁に顔を合わせられなくても、情報を共有したり、コミュニケーションをとるためFacebookグループとグループチャットを活用していました。

しかし仕事の量や共有すべき情報、関わるメンバーの数が増えれば増えるほど使いにくさを感じ、ほかに良い手段は無いかと検討をはじめ、国内・海外・有名・無名問わず様々なグループチャットサービスをテスト利用して比較しました。

そしてたどり着いたのがTeamOnです。決めてはグループチャットだけでなく、カレンダー機能やタスク機能が使え、しかもそれをメンバーと共有でき、スケジュールやタスク単位でグループでチャットできる点でした。

TeamOn導入後の効果をどのように感じていますか?

複数のタスクを様々なメンバーと同時に進めているため、これまで進捗管理が大変でしたが、TeamOnを利用するようになってからは、情報が埋もれてしまったり見失うような事がなく、しっかりタスクの状況を把握しながら進行管理できるようになりました。

在宅で仕事をおこなうメンバーにとっては場所や時間に縛られることなく、PCやスマートフォンでスケジュールやタスクに関する情報共有や報告・相談・連絡などコミュニケーションがとれるので、チームとしての生産性の向上に役立っています。

TeamOnについて、お勧めのワンポイントがあれば教えてください。

グループチャットが行えるサービスは他にもたくさんありますが、TeamOnを使っていて便利だと感じているのがグループチャットだけでなく、カレンダー機能やタスク機能があることです。

そしてカレンダー(スケジュール)やタスクに対して参加するメンバーでのグループチャットがおこなえる点です。

たとえばスケジュールに対するグループチャットは、「●●へ訪問する」というスケジュールに対して、一緒に訪問するメンバーと事前に準備する事を確認する際にも、スケジュールに対するグループチャットをおこなえるので、ほかのグループチャットに埋もれる心配もありません。またグループチャットとは別で、カレンダー内でチャットが管理されているので、振り返る際にもカレンダーから探すことができて便利です。

タスクに対しても、タスク単位でグループチャットができるので、チャットで行われている情報共有や議論、データの管理など全てがタスクに一本化して管理できます。タスクが終われば完了フラグをたてて、タスク一覧の整理ができるので、どのタスクが進行中なのか、期限切れなのか、完了しているのかをすぐに確認できます。タスクを管理しておけば参加すべきチャットも一目瞭然で、ほかのチャットに埋もれたり、確認や返信の抜け漏れを防ぐこともできます。

複数人でスケジュールやタスクを共同し、共に管理・進行しているチームにお勧めしたいです。


ママ目線で企業や製品、サービスなどのWebサイトのデザイン改善を短期間で行いに関心のある方は、ぜひママグロースハッカーズ(MGH)へご連絡ください~

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
無料会員登録